ドライマウスに対する核酸医薬

Share on Facebook

低分子のDNAやRNA(オリゴ核酸)を利用した薬を核酸医薬といいます。アンチセンス、siRNA、miRNA、デコイ核酸、アプタマー、CpGオリゴ、リボザイムといったものです。製品化されたものはまだ9つしかありませんが、今後多くの薬品が世に出てくるはずです。

第3相の治験中のtivanisiranはSylentis社が開発したsiRNAでドライアイ症候群の治療薬です。同社のホームページを見ると

Tivanisiran is a chemically synthesized small interference RNA (siRNA) inhibitor of the Transient Receptor Potential Vanilloid-1 (TRPV1) formulated as eye drops.

とあります。TRPV1は口腔粘膜にも発現している温度感受性TRPチャンネルです。ドライマウスにもtivanisiranが効きそうです。

コメントは受け付けていません。