Q&A 事故で折れた前歯の神経を抜かずに治したい

Share on Facebook

3年前に事故で上の前歯2本が折れました。神経が露出し、少し出血しておりました。1本の歯は折れた歯をそのまま接着しました。もう一本の歯は作った物を接着しました。神経抜かずそのままです。折れた歯を付けた方が最近頻繁に取れてしまいます。(最初は2年間付いていましたが、その後は数ヶ月で取れます)神経を抜いての治療を進められておりますが、他に方法がないものかとご相談させていただきました。

回答

3年前に歯が折れて神経が露出したが、神経は抜かずに露出面を保護して封鎖する直接覆髄という処置が行われたようですね。その後歯肉が腫れたり、歯が痛んだりしたことはなさそうなので直接覆髄が成功し、神経は生きているのでしょう。

2本の歯のうち1本は折れた歯の部分を接着したというお話から、かぶせものを作ったもう1本の歯よりも折れずに残った歯の部分が多いと推察します。歯がしっかりと残っている場合は、神経を抜かずにかぶせものを作ることも可能でしょう。

神経を抜くことを勧められたのは、神経が死んでいるからでしょうか。その場合は、神経を抜く必要があります。詳しい歯の状況が不明なので、これ以上は答えられません。担当の先生にもう一度、よく相談されることをお勧めします。

謝辞 2019年10月1日
ありがとうございました。歯が折れた時、接着したものが取れた時はなぜか休日が多く大きな商業施設に入っている歯科医院に応急的に駆け込んでおりました。その時に今後どのような方法で対応して行ったら良いかを訪ねると、神経を抜いて差し歯を勧められることがほとんどで、最初から神経を抜いていた方が良かったのにと言われたこともありました。

コメントは受け付けていません。