歯ぎしりの治療法

Share on Facebook

自己暗示
眠りにつく前に「歯ぎしりしない、絶対しない」と強く自分に言い聞かせます。

スプリント
歯ぎしりによって引き起こされる弊害を防ぐため、「オクルーザル・スプリント(ナイト・ガード)」というマウスピース状の装置を付けて就寝します。歯ぎしりそのものを治すわけではありませんが、最も効果的な治療方法です。

催眠鎮静剤
睡眠薬や抗不安薬として用いられるベンゾジアセピン系薬剤は、筋弛緩作用によって歯ぎしりを一時的に緩和することができます。しかし、依存性や耐性などの問題から短期間しか使用できないため、この薬剤だけで歯ぎしりを治すことはできません。また、抗うつ剤で歯ぎしりが改善したケースも報告されていますが、逆に歯ぎしりが強くなる可能性もあります。

かみ合わせの治療
いずれかの歯が強く接触する「咬頭干渉」や「早期接触」の状態が、睡眠中の歯ぎしりを誘発するのではないかという説があります。このことから、かみ合わせを調節する治療が歯ぎしりに有効かもしれません。

逆流性食道炎に対する治療
胃潰瘍治療薬などによる逆流性食道炎の治療が、歯ぎしりを改善する可能性があります。
歯ぎしり防止を成功させる方法

就寝前の首と肩のマッサージ
就寝前の首と肩のストレッチ

コメントは受け付けていません。