メンタルろうさい

Share on Facebook

2006年に自殺対策基本法が制定されました。労働者が長時間労働など仕事上のストレスでうつ病になり、自殺することが増えていることに呼応して作られた法律です。労働の現場で勤労者のメンタルヘルスの悪化やハラスメントに対処することが重要です。

横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンターで「メンタルろうさい」というシステムが開発され、公開されています。Web上でストレスの度合いを測定することができます。

メンタルろうさい

コメントは受け付けていません。