老年期の口腔セネストパチー

Share on Facebook

口の中にコイルが入っている、歯肉からワイヤーが飛び出してくるなどと奇妙な感覚を訴える病気が口腔セネストパチーです。私もこのような患者さんをときどき出会います。

うつ病患者にこのような症状が見られた例ではうつ病の治療によりうつはよくなったのにセネストパチーの症状は何も変化せずに残ったということで、うつ病とは違う病気のようです。統合失調症の一症状の場合もありますが、統合失調症とは無関係の場合もあるようです。

老年期の口腔セネストパチーはレビー小体認知症の一症状ではないかという意見もありました。

コメントは受け付けていません。