心血管イベントに対する降圧剤併用

Share on Facebook

OSCAR試験は高齢者の高血圧症に対する治療法を調べたものです。アンジオテンシンII受容体阻害作用がある降圧剤のオルメサルタンを使っても血圧低下が不十分な場合に、オルメサルタンを増量した群(578例)とオルメサルタンにカルシウム拮抗薬(アムロジピンまたはアゼルニジピン)を併用する群(586例)に分けました。

36か月の観察期間中に心血管イベントの発生率は併用群のほうが有意に低くなりました。

Ogawa, H., Kim-Mitsuyama, S., Jinnouchi, T., Matsui, K., & Arakawa, K. (2009). Rationale, design and patient baseline characteristics of OlmeSartan and calcium antagonists randomized (OSCAR) study: a study comparing the incidence of cardiovascular events between high-dose angiotensin II receptor blocker (ARB) monotherapy and combination therapy of ARB with calcium channel blocker in Japanese elderly high-risk hypertensive patients (ClinicalTrials. gov no. NCT00134160). Hypertension Research, 32(7), 575-580.

コメントは受け付けていません。