非定型歯痛1(特発性歯痛・突発性歯痛)

Share on Facebook

 ●歯が痛むから歯科へ行ってみたが、歯痛の原因がわからない
●歯を治療したのに痛みが取れない
●歯を抜いてもまだ痛む
●CTやMRIなどいくつもの検査を受けたのに、それでも歯痛の原因が判明しない
上に挙げたような原因不明の歯痛を「非定型歯痛」、あるいは「特発性歯痛・突発性歯痛」といいます。非定型歯痛は原因を特定できない顔やアゴ、口腔内の痛みを訴える非定型顔面痛に分類される病気ですが、痛みの原因がなかなかはっきりしないため、困ったことにこれらの症状に悩む方々が専門医にたどり着くまでには、平均5〜6年の月日を要するといわれています。

コメントは受け付けていません。