審美歯科の真実

Share on Facebook

「審美歯科」という言葉に対して、どんなイメージをお持ちですか?

もし単なる美容目的だけを追求した治療だと思われているとしたら、それは誤解です。実際に、病気治療のための薬の副作用で歯が変色してしまい、深刻に悩んだ結果、審美歯科の門をたたく人もたくさんいます。

審美歯科とは、機能(美味しく食べられる)と審美(美しい歯ときれいな歯並び)の両面に焦点を当て、患者様それぞれのご希望を取れ入れた上で、その方にマッチした口元の健康と健康美を求めていく分野です。つまり、医学的アプローチによる治療や機能的なケアを行う一方で、歯が本来持つ美しさにも配慮した歯科、“美しさ”に焦点を当てた総合歯科医療のことをいいます。

きれいな歯や整った歯並びに憧れながら、生まれつきだからとあきらめていませんか?現在の審美歯科の技術は大変高く、作り出した人工歯は天然歯とほとんど変わらないほどに優れています。美しい歯は意外と簡単に手に入れることができるのです。私たちプロのケアと技術を存分に利用して、あなたの思い描く白くきれいな歯、誰もが憧れる美しく整った口元に変身してみませんか?

コメントは受け付けていません。