顔面痤瘡

Share on Facebook

ニキビ(痤瘡)のことを中医学では粉刺、痤疾、皶といいます。『素問』には風寒が過熱した風熱が肺を犯して皮膚に病変が生じると記されています。また、『医宗金鑑・外科心法要訣』沿岸部で魚介類を食べる人々に多い病気と記されています。

枇杷清肺散(枇杷葉、桑白皮、黄連、黄芩、人参、甘草)で肺の風熱を冷まし、颠倒散を患部に塗ると、1か月後に症状が消失しました。

コメントは受け付けていません。