TAO東洋医学研究会

Share on Facebook

3月の研究会はコロナウイルスの影響で出席者が減りましたが、何とか開催されました。午前中は邵輝先生の袪風湿薬、午後は小林宏先生の竜骨牡蛎剤でした。WHOのウイルス感染症の委員を務めた邵輝先生の講義は本題よりもコロナウイルスの内容に多くの時間が割かれました。

漢方薬の飲み比べは二朮湯と疎経活血湯でした。二朮湯に含まれる威霊仙、疎経活血湯に含まれる防已、威霊仙は袪風湿薬です。

TAO

コメントは受け付けていません。