口の中の菌がウィルスを活性化させる

Share on Facebook

風邪やインフルエンザなどのウイルスが体内に侵入することを気道粘膜が防いでいます。口の中の細菌がプロテアーゼという酵素を出して気道粘膜のたんぱく質を破壊し、その結果ウイルスが侵入しやすくなります。口の中を清潔に保つことで感染症を予防しましょう。

コメントは受け付けていません。