デジタルプランニング

Share on Facebook

デジタルプランニング
インプラントを埋入する前にパソコン上でインプラントの埋入位置や上部構造の形態をシミュレーションすることができます。引き続いてサージカルガイドやテンポラリークラウンを作成し、ほとんどの作業をパソコン上で終えることができます。アナログなのはおよそインプラントの埋入のみです。

生体データの取り込み
欠損部やその周辺の画像を口腔内スキャナー(IOS)で取り込み、CTを撮影して歯や顎骨などの硬組織の情報を取り込みます。

画像の重ね合わせ
IOSとCTの情報を重ね合わせます。

インプラント埋入と補綴の計画
「Implant Studio」「exoplan」といったソフトでインプラントの埋入位置や方向、サイズを決定し、上部構造をデジタルワックスアップします。

サージカルガイドのデザイン
続いて埋入手術時に用いるサージカルガイドをソフト上でデザインします。

サージカルガイドの作成
3Dプリンターで作成します。

コメントは受け付けていません。