歯科技工室

Share on Facebook

技工室には若い男性がいました。歯科技工士ではなく、彼も歯科医でツェデン先生のご子息です。ウランバートルの歯学部を卒業し、数年前に故郷へ戻ってきたそうです。この日は不在でしたが奥さんは歯科技工士で、受付をしている女性はお姉さんだそうです。
まさに一家を挙げて診療室を切り盛りしているようです。外国のボランティア歯科医療隊がやって来た時には彼らも共に田舎を巡回したらしく、イギリスや日本の進んだ歯科医療を学ぶことができて、とても勉強になったと感謝の意を表明していました。彼らだけで何度か田舎を巡回したこともあるそうです。

学生の頃の技工作業が思い出されます。

金属床義歯に使用するメタルフレームが出来上がっています。

金属床義歯に使用するメタルフレームが出来上がっています。

モンゴル医療体験へ進む

歯科材料へ戻る

院長近況4-3 モンゴル医療事情トップページへ戻る

コメントは受け付けていません。