カテゴリー別アーカイブ: その他

自然言語処理システム間の共通テスト問題

自然言語理解の技術は年々向上しています。その性能を比較するためのベンチマークテストにGLUE(The General Language Understanding Evaluation)があります。2019年8月4日現在 … 続きを読む

りんな

大阪大学(荒瀬由紀先生)、日本マイクロソフト、エム・データが共同開発した女子高生AIが「りんな」です。りんなは教師データとしてテレビ番組のデータ、CMのデータ、番組で紹介された商品・サービスのデータを取り込んでいます。会 … 続きを読む

人とAIを言葉でつなぐ

大阪大学大情報科学研究科荒瀬由紀准教授は自然言語処理に伴う人工言語理解を研究しています。自然言語をAIに学習する手段は文章を細切れにして単語などの最小単位ごとに数値化した多項式を作成することから始まります。 最小単位は英 … 続きを読む

AI社会の歩き方

東京大学 政策ビジョン研究センター江間有紗特任講師は『AI社会の歩き方-人工知能とどう付き合うか』という著書を出しています。タイトルからわかる通り、AIやロボットを含む情報技術と社会の関係について研究しています。 AIは … 続きを読む

AIと脳のハイブリッド

ビッグデータの収集とAIによるディープラーニングでGAFAが世界を支配しています。Google DeepMind社製のアルファ碁や後継ソフトのアルファ碁ゼロはプロ騎士の棋力を完全に凌駕しました。しかし、その使用電力は甚大 … 続きを読む

戒壇くぐり

信貴山にお参りして一番緊張したのは戒壇くぐりでした。これは本堂の真下にある真っ暗な回廊で、仏様に頼りたくなります。途中で出てくる仏像などにひたすらお祈りできました。三寅の胎内くぐりやバンジージャンプもあり、楽しいお寺です … 続きを読む

信貴山城

楠正成が築城したという伝説がある信貴山城は戦国時代に入り松永久秀が根拠地とした山城です。

小青竜湯

麻黄、桂枝、甘草、芍薬、半夏、乾姜、細辛、五味子からなる方剤です。麻黄、桂枝、甘草の麻黄湯に湿を取る半夏が加わり、半夏の副作用を抑えるために乾姜が加えられています。風寒により鼻水を止まらない状態や花粉症に用います。

信貴山縁起絵巻

歴史の教科書に登場する国宝「紙本著色信貴山縁起絵巻」を見ました。原本は奈良国立博物館に保管されていて、ここの霊宝館に展示されているのはレプリカだそうです。この絵巻は信貴山中興の祖である命蓮上人を主人公としています。 &n … 続きを読む

夏の金剛山

お盆休みに金剛山に登りました。今まで春、秋、冬に登ったことがあったので、今回で全ての季節の金剛山を体験したことになります。春や秋とは違った雑草が見られるかと期待していましたが、真夏の暑さに耐えて咲く花は多くありませんでし … 続きを読む