カテゴリー別アーカイブ: ひぐち歯科クリニック

乳幼児・子供の口臭への対応は?

まず、乳幼児の口臭について説明します。最近の育児では、3歳までに重要な舌や口輪筋の機能を鍛えることをしなくなりました。その結果、鼻呼吸に重要な役割を果たす口輪筋の発達が未熟となり、口呼吸の習慣がつくと考えられます。口呼吸 … 続きを読む

自分では口臭が気になるのに、誰もわかってくれません

他人は感知できない、自分だけが感じる口臭を「自臭症」といいます。本人は自分の口のニオイが気になって思いつめてしまい、常にニオイの不安に取り付かれているのですが、家族や友人、医療従事者でさえもそれを理解してくれない場合があ … 続きを読む

生活習慣と口臭の関係は?

ある種の医薬品や夜食の習慣は、体臭や口臭の原因となります。また、カレーやアルコールなどはニオイが残りやすく、コーヒーやタバコは食後の口臭を消すよりもむしろ、新たなニオイの元となるため注意が必要です。 食後の対策としては、 … 続きを読む

口臭 Q&A

口臭の原因にはどんなものがありますか? 口臭はいくつかの種類に分類されます。まず、起床時や強く緊張した時、空腹時などに生じる「生理的口臭」は正常なもので、主に舌やのどの粘膜から発生します。また、女性ホルモンの変動によって … 続きを読む

口臭と歯周病

ご存知ですか? 歯周病になると、口臭が強くなります。 実のところ、病的口臭の8~9割が口腔内に原因があり、しかもそのほとんどが歯周病によるものです。特に、歯周ポケット(歯と歯茎の境目)の深さが4mm以上の患者様は、口臭の … 続きを読む

子供と口臭

乳幼児期および学童期を通して、全身疾患による免疫力の低下から、子供の口臭が起こりやすくなります。また、精神的なストレスや食習慣、歯磨き習慣によっても口臭が生じる場合があります。 ところで、子供の口臭にも様々なケースがあり … 続きを読む

口臭ってどんなもの?

口臭には、大きく分けて生理的口臭と病的口臭があります。まず、生理的口臭とは朝起きた時や緊張した時、空腹時、また女性に特有のものや老人特有の加齢臭も含まれます。次に、虫歯や歯周病、また、鼻やのどの病気、食道・気管・肺の病気 … 続きを読む

口臭外来

口臭に悩んでいませんか? あなたは今、口臭に悩んでいませんか? 口臭は、本人が気付かないうちに周囲の人たちに不快感を与えてしまうものです。もし、あなたの口臭が人とのコミュニケーションの中で良好な人間関係の障害になるとした … 続きを読む

誤嚥(ごえん)性肺炎を知っていますか?

誤嚥性肺炎とは、食事中や睡眠中などに本人が気づかないまま口の中の細菌を飲み込んでしまい、その菌が肺に入ることにより高熱を引き起こす恐ろしい病気です。具体的には、脳梗塞など により嚥下(飲み込む)反射と咳(せき)反射が低下 … 続きを読む

嚥下訓練とは?

●のどのアイスマッサージ(準備体操として食前に行うと誤嚥防止になります) ●呼吸のトレーニング(腹式呼吸・口すぼめ呼吸は誤嚥、窒息、また肺炎の予防や治療にもつながります) ●筋肉の萎縮を防止するために器具を使って刺激を与 … 続きを読む