カテゴリー別アーカイブ: 学会・講習会

半夏瀉心湯の副作用

がん化学療法に伴って生じる口腔粘膜炎に対し半夏瀉心湯は有効な薬剤であり、多用されています。この報告では口腔粘膜炎ではなく、慢性口内炎に対して用いられた半夏瀉心湯がアレルギー性の肺障害が生じたということです。症状は喀痰、咳 … 続きを読む

歯周組織再生剤リグロスと歯の延命

口腔治療学講座村上伸也教授が開発したリグロスは私も日常診療でよく用いています。歯周外科手術で用いる薬としてとても使いやすく、なおかつ高い骨再生が期待でき、しかも保険適応という文句なしの薬品だからです。歯槽骨が再生される理 … 続きを読む

骨格的な問題を含む不正咬合

矯正学講座の山城隆教授は唇顎口蓋裂に伴う上顎骨の劣成長と不正咬合に対して上顎骨の仮骨延長術や骨切り術を用いた症例を多数紹介されました。顔面の骨格や軟組織の計測にAIを用いて自動化し、データを蓄積して日本人の形態的特徴を分 … 続きを読む

歯を残す努力に必要な科学

予防歯科学講座天野敦雄教授の講演はデンタル・バイオフィルムが中心の内容でした。バイオフィルムを構成する細菌は約1000種類が報告されていて、多い人では約300種類が観察されるそうです。バイオフィルムは最初に胎内の羊水から … 続きを読む

第100回学術講演会

10月20日に大阪大学コンベンションセンターで大阪大学歯学部同窓会主催の「第100回学術講演会」が開催されました。第100回を記念して「完全なる口腔機能の予防・維持と回復・再建を目指して」というテーマで8名の教授がそれぞ … 続きを読む

良姜

ショウガ科リョウキョウの根茎を乾燥させて生薬としたものです。ウコンとよく似ていてスパイスとしてカレーに入れたりします。胃を温めて循環を促進し、健胃作用、鎮痛作用、潰瘍臭副作用を併せ持ちます。良姜は安中散に用いられます。

茴香

セリ科ウイキョウの果実を乾燥させて生薬としたものです。茴香には小茴香と大茴香があり、生薬の茴香は小茴香の方で、西洋ではスパイスやアロマとして用いられるフェンネルを指します。ちなみに大茴香は八角、スターアニスともいい、抗イ … 続きを読む

散寒薬

中医学の陰陽二元論の1つに表裏があり、裏は内臓など体の中を指します。寒邪が侵入したり、陽虚になったりする寒証で裏が冷えている際に暖める生薬が温裏薬であり、散寒薬ともいいます。貧しくて食べるものに事欠き、体が弱ると冷えて寒 … 続きを読む

口臭検査と生活調査票

私は「各種口臭検査とセルフモニタリングによる認知行動療法を実施した口臭症治療の治療成績」という演題名で発表しました。私は口腔内科学会に所属していて、口臭も口腔内科の一分野だと捉えていたのでこの学会で発表してみました。他に … 続きを読む

開口部形質細胞症

臨床-病理検討会で歯肉に多発したびらん性病変について検討しました。このような症状が生じる病気として壊死性潰瘍性歯周炎、広範型重度慢性歯周炎、自己免疫性水疱症(類天疱瘡、天疱瘡)、全身性紅斑性狼瘡(SLE)、結核、梅毒、A … 続きを読む