カテゴリー別アーカイブ: 論文

治療的自我

2019年11月に大阪で開催された第2回日本心身医学関連学会合同集会で、「心療各科に必要とされる“治療的自己”」が話し合われました。中井吉英先生が基調講演で、「AI 時代の医療に不可欠な治療的自己」について話されました。 … 続きを読む

マインドフルネス

お釈迦様が編み出した瞑想を通じて物事をあるがままに受け止める方法をマインドフルネスといいます。「色即是空、空即是色」といいますが、物事をあるがままに受け止めることができれば、煩悩に執着することがなくなり、苦しみから解放さ … 続きを読む

心身症の脳イメージング

疾患による脳機能の変化や治療による変化を、機能的MRIを用いて調べた研究内容が講義に出てきました、心身症と関連深い脳部位は、前帯状皮質、島皮質、前頭前野、扁桃体、視床下部、中脳水道周辺灰白質、腹側線条体といったところです … 続きを読む

手術のプラセボ効果

プラセボ効果は主に薬物療法で見られますが、ハリ治療でも確認されています。手術によるプラセボ効果もあります。手術による効果を調べるために、動物実験では陰性対照として偽手術(シャムオペ)といって麻酔、切開、剥離、縫合をするグ … 続きを読む

蝶形兆候

全身性紅斑性狼瘡(SLE)の特徴的な所見に顔面が赤くなるbutterfly rash(蝶形紅斑)があります。 肝臓や肺の病気でbutterfly sign(蝶形像)や butterfly shadow(蝶形陰影)というの … 続きを読む

舌痛症の治療法

Burning Mouth Syndrome(BMS)と舌痛症は同じものとは言い切れませんが、同じとして考えても差し支えないと思います。舌痛症は神経障害性疼痛の一種との考え方が有力となっています。神経障害性疼痛に対しては … 続きを読む

第7回 日本口臭学会 発表内容 梅崎

第7回 日本口臭学会において研究発表を行いました 2016年6月18日・19日の2日間、第7回 日本口臭学会が愛知で開催されたなか、18日午後に口頭発表を行いました。 口臭外来を受診した患者の東大式エゴグラムの変化 樋口 … 続きを読む

口腔潜在的悪性疾患

白板症や紅板症のように発癌リスクがある病変や状態を「前癌病変」「前癌状態」といいます。両者の違いがわかりにくかったのですが、2017年に両者をまとめて「口腔潜在的悪性疾患」ということにWHOがしました。口腔潜在的悪性疾患 … 続きを読む

歯科恐怖

歯科恐怖の検査法にはDental Anxiety ScaleとDental Fear Scaleがあります。 高度な歯科恐怖の頻度は7.3%~24.3%で、平均約12%です。 過去50年間の歯科恐怖の評価スコアを比較して … 続きを読む

歯科恐怖

歯科恐怖の検査法にはDental Anxiety ScaleとDental Fear Scaleがあります。 高度な歯科恐怖の頻度は7.3%~24.3%で、平均約12%です。 過去50年間の歯科恐怖の評価スコアを比較して … 続きを読む