カテゴリー別アーカイブ: 趣味・家庭

『オリバー・ツイスト』

1838年に出版されたこの小説は、全3巻の長編でした。チャールズ・ディケンズの他の作品もそうですが、スピード感を重視する作風なのでどんどん読み進めることができ、2日で読了しました。 登場人物の偶然の出会いや、事件が起こる … 続きを読む

イブキヌカボ

茨木市千堤寺の林の中で見かけました。山地の林地でみられるイネ科植物です。

エンド由来歯痛詳説

兵庫医科大学歯科口腔外科で歯内療法を担当されていた長谷川誠実先生のWEBセミナーを受講しました。研究面ではラットを使って歯髄の痛みを研究されていました。 歯髄刺激を加えると、海馬で長期増強(LTP)が生じます。この長期増 … 続きを読む

イブキカモジグサ

伊吹山の山頂付近で見かけました。宣教師がヨーロッパから持ち込み、織田信長がこの地に植えたとされる植物の1つが伊吹髪文字草です。この写真のイネ科の植物がイブキカモジグサかどうかはわかりません。

武漢抗疫一号方

11世紀の中医、蘇東坡が当時流行っていた寒湿病に対して、友人から教えられたという聖散子方を用いました。この方剤は肉豆蔻、豬苓、石菖蒲、茯苓、高良姜、独活、柴胡、吳茱萸、附子、麻黃、厚朴、藁本、芍薬、枳殼、白朮、沢瀉、藿香 … 続きを読む

アリマコスズ

宝塚市丸山湿原で見かけました。神戸市の有馬温泉とその周辺の地域に分布する背丈の低いササです。冬になると葉の縁に白い隈取りができます。

アキタブキ

足寄湖の近くの草むらで見かけました。大変大きなフキで、高さ2㎡、葉の直径が1.5㎡になります。傘として使えそうです。

チャンセラーズヴィルの戦い

『勇気の赤い勲章』では南北戦争に志願した北軍の新兵であるヘンリーの目を通じて戦場の現実が語られます。1963年春のバージニア州チャンセラーズヴィルでの合戦には、北軍13万余、南軍6万の部隊が参加しました。南軍は名将リー将 … 続きを読む

「勇気の赤い勲章」

山登りでも探検でもそうですが、どんなに危険な状況に陥ったとしても、リーダーやメンバーは生きて帰ることを意識しています。登頂や踏破などは目の前の大きな目標ですが、生還と天秤にかけてその都度判断を繰り返します。 生還が常に意 … 続きを読む

Relais & Châteaux

西村屋の門に「Relais & Châteaux」の看板が張られていました。ルレ・エ・シャトーは世界各地のホテルやレストランが加盟している(認証されている?)グループです。 過去にヨーロッパで何か所か見かけたこと … 続きを読む