カテゴリー別アーカイブ: 院長近況7-4 チベット

ポプラ

ノルブリンカの木立にはヒマラヤスギ、ライラック、ポプラ、クルミなどの樹木が立ち並んでいました。クルミの木の枝にはクルミの実が鈴生りでした。ポプラ は黄葉するものと紅葉するものがあり、チベット語では呼び分けられています。ヤ … 続きを読む

幸福在路上

ユネスコ世界無形文化遺産に指定されているチベットミュージカル(蔵劇)を観賞しました。場所はラサ市蔵劇芸術中心で、演目は「幸福在路上」でした。チベット哲学における五大元素である水、地、風、火、空をそれぞれテーマにした5つの … 続きを読む

西蔵博物館にて

博物館でチベットの民族衣装や民具、仏教文化の展示を見て回りました。写真のような家財道具は昔のもののようです。私が子供の頃にも家におくどさんがあり、井戸水をくみ上げて煮炊きしていました。 セラ寺へ進む 院長近況7-4 チベ … 続きを読む

顔料

仏教絵画には主に鉱物を砕いて作成した顔料が用いられます。赤…辰砂、ピンク…珊瑚、トルコ青…トルコ石、藍…ラピスラズリ(瑠璃)、緑…翡翠、孔雀石、白…真珠、金…金、銀…銀と仏画では宝石を砕いて作る顔料が多く使われています。 … 続きを読む

セラ寺 

ポタラ宮を敢行した後に、北側の山麓にあるセラ寺を拝観しました。この寺はゲル区派の寺院の中でも特に大規模なもので、500人の僧侶が修行しています。山の斜面を見上げると、崖にへばりつくように僧院が点在していました。僧院まで登 … 続きを読む

セラ寺の問答

3時になると中庭が開き、待ち受けていた観光客が中に入って中庭を取り巻くように並んで問答が始まるのを待ち受けました。そこへ小僧さんが続々と入ってきて、地べたに座布団を敷き座り込みました。少し年長のそれでも若いお坊さんたちが … 続きを読む

河口慧海

大学を卒業する頃に所属していたワンダーフォーゲル部の創部30周年記念海外遠征の計画を幾つか考えました。最終的に雲南省の玉龍雪山のトレッキングを実 施したのですが、その前に案を練っていたのが青海省でのトレッキングでした。こ … 続きを読む

回文詩

回文詩 セラ寺のお堂の壁にチベット語で書かれた回文詩です。縦から読んでも、横から読んでも、斜めから読んでもダライ・ラマの名となります。 六道絵へ進む 院長近況7-4 チベットへ戻る 院長近況7 北京・チベットへ戻る

六道絵 

セラ・ゴンパのお堂の壁面に閻魔大王が六道絵を持った図が描かれていました。六道は天道、人道、阿修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の六つの世界のことで、 人間を含む生き物は六道の各世界を輪廻転生しながら移ろいます。左上の部分は阿 … 続きを読む

尼寺1

アニ・ツァングン寺は尼寺でお坊さんは全て女性です。チベット高原のお寺の中では珍しく写真撮影が許されました。本尊は十一面観音で、その左端に白いター ラ入が控えていました。ターラは両目以外に額中央と手の平、足の裏に合わせて7 … 続きを読む