カテゴリー別アーカイブ: 雑草

ルリトラノオ

オオバコ科ルリトラノオ属ルリトラノオ 伊吹山の3合目で咲いていました。瑠璃色の花が穂状につきます。伊吹山の固有種で、イブキルリトラノオとも呼ばれます。 オオバコ科へ戻る 雑草図鑑1-1へ戻る

セイヨウオオバコ

上川郡美瑛町の青い池で見かけました。ヨーロッパ原産で、在来種のオオバコと比べて大型です。  

ヤマイ

カヤツリグサ科テンツキ属ヤマイ 宝塚市丸山湿原で見かけました。茎の頂部に1個の小錐(茶色い部分)が付きます。小錐の基部には苞葉が付き、小錐の先端の白い柱頭が目立ちます。 カヤツリグサ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

メアゼテンツキ

カヤツリグサ科テンツキ属メアゼテンツキ 宝塚市丸山湿原で見かけました。アゼテンツキに似て芒が小さいことから雌畦点突の名が付きました。 カヤツリグサ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

シロバナノチシマフウロ

斜里郡清里町の草むらで咲いていました。チシマフウロのシロバナ種です。

コヌカグサ

俱留尊山の登山道で見かけました。小穂が細かくてぬかのようだということで、小糠草の名が付きました。

コガネヤマドリ 

宝塚西谷の森公園で見かけました。黄金色でいかにもおいしそうですが、味はよくないようです。

ガマ

高槻市田野の川岸で咲いていました。ガマといえば、因幡の白兎の伝説中に登場します。ワニザメに皮をはがれ、だまされて海の塩水に漬かりさらに痛みが増します。最後に正しい治療法を教えてもらい、水で体を洗いガマの葉を敷き詰めて転が … 続きを読む

ウラジロタデ

上川郡美瑛町の望岳台で咲いていました。白い花を咲かせる高山植物ですが、黄色く紅葉しかけていました。葉の裏側が白っぽく見えます。

イワインチン

清里高原の清里テラスの草むらで咲いていました。河原に生えるカワラヨモギは生薬の茵蔯蒿の原材料です。イワインチンの葉はカワラヨモギの葉に似ていて、高山の岩場や砂礫地に見られるため、この名が付きました。