カテゴリー別アーカイブ: 雑草3

ウロコミズゴケ

ミズゴケ科ミズゴケ属ウロコミズゴケ 比良山広谷で見かけました。大型のミズゴケで枝葉が広がっているのがよく目立ちます。 ミズゴケ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

オオバミズホウズキ

ハエドクソウ科 ミゾホオズキ属オオバミズホウズキ 金剛山の登山道で咲いていました。産地の沢沿いや湿地で見られます。葉は十字に対生し、葉柄がありません。ミズホウズキより大きく、ほうずきに似た実をつけることから、大葉水酸漿の … 続きを読む

ヒレハリソウ

ムラサキ科ヒレハリソウ属ヒレハリソウ 清里高原の草むらで咲いていました。ヨーロッパ原産の帰化植物で、下痢や湿疹に用いる薬草です。 ムラサキ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

アルカネット

ムラサキ科ウシノシタグ属アルカネット 山梨県北杜市小淵沢町の草むらで咲いていました。ヨーロッパ原産の鮮やかな青紫色の花です。古代から根を紅色の染料として用いられてきました。 ムラサキ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

アズマギク

キク科ミヤマヨメナ属アズマギク 山梨県北杜市小淵沢町の草むらで咲いていました。東国に多い花なので、この名が付きました。 キク科3へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

ナンテンハギ

マメ科ソラマメ属ナンテンハギ 伊吹山の3合目で咲いていました。クサフジの仲間で、ツルフジバカマ、ナヨクサフジ、ハマエンドウなどなど他の草花は葉(小葉)が2列になって多数つきますが、ナンテンハギだけは2枚しかつきません。 … 続きを読む

ヒメハギ

ヒメハギ科 ヒメハギ属ヒメハギ 宝塚市大原野の草むらで咲いていました。5枚の花弁がくっついて筒状になり、その先に白い付属体があります。 ヒメハギ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

ヒカゲノカズラ2

ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属ヒカゲノカズラ 長老ヶ岳の山中で見かけました。葛の名の通り、登山道を覆うように這って広がっていました。ヒカゲという名の割には日当たりのよい場所で見かけました。ところどころ直立する緑色の胞子 … 続きを読む

ノササゲ

マメ科ノササゲ属ノササゲ 信貴山の境内で咲いていました。ササゲ(大角豆)という豆野菜があり、薄紫色の花を咲かせます。ササゲに似た野花なので野大角豆の名が付きました。ノササゲの豆は食べられないようです。どの豆が食用になるの … 続きを読む

ニガナ

キク科ニガナ属ニガナ 猪名川町万善の道端で咲いていました。黄色い舌状花が5枚付き、黒と黄の雄しべも5本出ています。茎を切ると苦い汁が出るため、苦菜の名が付きました。 キク科3へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る