カテゴリー別アーカイブ: 雑草4

コオニユリ

ユリ科ユリ属 コオニユリ 伊吹山の3合目で咲いていました。花はオニユリと似ていて、やや小型です。オニユリは葉の付け根にむかごがつきますが、コオニユリにはつきません。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

ヒメウメバチソウ

ユキノシタ科ヒメウメバチソウ 清里高原の清里テラスの草むらで咲いていました。ウメバチソウの仲間の高山植物で、5枚の白い花びらがそれぞれ離れています。梅鉢紋という家紋に花の形が似ていることから梅鉢草の名が付きました。 ユキ … 続きを読む

マルバネコノメソウ

ユキノシタ科ネコノメソウ属マルバネコノメソウ 茨木市下音羽の草むらで咲いていました。ネコノメソウの仲間で萼や葉が丸いことから丸葉猫の目草の名が付きました。萼は緑色で葉は対生、茎に毛が生えることが特徴です。 ユキノシタ科へ … 続きを読む

ヤマユリ

ユリ科ユリ属ヤマユリ 金剛山の登山道で咲いていました。花びらの中央に黄色い筋が入り、赤紫色の斑点が散らばっています。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

チューリップ

ユリ科チューリップ属チューリップ 宝塚市下佐曽利の道端で咲いていました。チューリップの花は6枚の花びらからなり、内側に3枚、外側に3枚あります。外側の3枚は萼であったものが花びらに変化したものです。赤い方のチューリップの … 続きを読む

スカシユリ

ユリ科ユリ属スカシユリ 金剛山のちはや園地で咲いていました。野生のユリではなく、園芸品種です、登山者か、園地の関係者が植えたユリがあちこちに拡がったのでしょう。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

オオムギ

イネ科オオムギ属オオムギ 万博公園の自然観察園で栽培されていました。二条大麦と六条大麦が栽培され、二条大麦はビールに、六条大麦は麦茶になります。 イネ科4へ戻る 雑草図鑑1-1へ戻る

エンレイソウ

メランチウム科エンレイソウ属エンレイソウ 金剛山のシャクナゲの道で咲いていました。3枚の花びらのように見えるのは萼で、紫や褐色に変化していきます。花びらはなく、雄しべと雌しべのみみられます。根にはサポニンを含み、胃腸薬や … 続きを読む

ヤマネコノメソウ

ユキノシタ科ネコノメソウ属 ヤマネコノメソウ 金剛山の登山道で実をつけていました。緑色の丸底の萼の中に小豆色の多数の実がこぼれずに入っています。 ユキノシタ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

ユキザサ

ユリ科マイヅルソウ属ユキザサ 金剛山の登山道で咲いていました。花は蕾の状態でしたが、白くて雪のような花が咲きます。ユリの仲間ですが、葉が笹の葉のようであることから雪笹の名がつきました。   ユリ科へ戻る 雑草図 … 続きを読む