カテゴリー別アーカイブ: 雑草4

カタクリ

ユリ科カタクリ属カタクリ ポンポン山の山中で咲いていました。根から取れる澱粉でかつては片栗粉が作られました。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

ウバユリ

ユリ科ウバユリ属ウバユリ 伊吹山の登山道で咲いていました。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

コケリンドウ

リンドウ科リンドウ属コケリンドウ 氷ノ山の登山道で咲いていました。フデリンドウやハルリンドウと似ていますが、小型です。コケのように小さいと、苔竜胆の名が付きました。 リンドウ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

ツルネコノメソウ

ユキノシタ科ネコノメソウ属ツルネコノメソウ 氷ノ山の登山道で咲いていました。地面を這う送出枝を出して横に広がっていくため、蔓猫の目草の名が付きました。 ユキノシタ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

タチネコノメソウ

ユキノシタ科ネコノメソウ属タチネコノメソウ 大原野森林公園で見かけました。黒っぽい果実がこぼれずに葉の中に納まっています。 ユキノシタ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る  

ヨゴレネコノメ

ユキノシタ科ネコノメソウ属ヨゴレネコノメソウ 氷ノ山の登山道で咲いていました。ネコノメソウの仲間はどれも小さく、近寄って見ないと花が咲いていることに気づきません。この花の近くの葉は黄色く、少し離れた葉は緑色です。花は小豆 … 続きを読む

シュロソウ

ユリ科シュロソウ属シュロソウ 伊吹山の3合目で咲いていました。花の色が珍しい暗紫褐色で、雄しべの色がユニークです。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

サルトリイバラ

ユリ科シオデ属サルトリイバラ 宝塚市丸山湿原で見かけました。茎に鋭いトゲが付いた蔓植物で、サルが引っかかるという意味で猿捕茨の名が付きました。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

ホトトギス

ユリ科ホトトギス属ホトトギス 信貴山の境内で咲いていました。我が家の近くの里山や森でも、ホトトギスの鳴き声をよく聞きますが、姿を見たことはほとんどありません。ホトトギスの写真を見ると、胸から腹にかけて黒っぽい横縞が上下に … 続きを読む

ホソバノアマナ

ユリ科チシマアマナ属ホソバノアマナ 三田市木器の山麓で咲いていました。アマナに似て根生葉が長細いのですが、茎が束のようにたくさんあるので、根生葉が見えにくくなっています。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る