カテゴリー別アーカイブ: 雑草4

オオムギ

イネ科オオムギ属オオムギ 万博公園の自然観察園で栽培されていました。二条大麦と六条大麦が栽培され、二条大麦はビールに、六条大麦は麦茶になります。 イネ科4へ戻る 雑草図鑑1-1へ戻る

エンレイソウ

ユリ科エンレイソウ属エンレイソウ 金剛山のシャクナゲの道で咲いていました。3枚の花びらのように見えるのは萼で、紫や褐色に変化していきます。花びらはなく、雄しべと雌しべのみみられます。根にはサポニンを含み、胃腸薬や催吐剤な … 続きを読む

ヤマネコノメソウ

ユキノシタ科ネコノメソウ属 ヤマネコノメソウ 金剛山の登山道で実をつけていました。緑色の丸底の萼の中に小豆色の多数の実がこぼれずに入っています。 ユキノシタ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

ユキザサ

ユリ科マイヅルソウ属ユキザサ 金剛山の登山道で咲いていました。花は蕾の状態でしたが、白くて雪のような花が咲きます。ユリの仲間ですが、葉が笹の葉のようであることから雪笹の名がつきました。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

チゴユリ

ユリ科チゴユリ属チゴユリ 高槻市原の山麓で咲いていました。白い6枚の花びらを持つ花が葉の間から顔をのぞかせています。葉の大きさと比べると花が小さく見えます。その様子から稚児百合の名がつきました。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4 … 続きを読む

カタクリの実

ユリ科カタクリ属カタクリの実 金剛山のカタクリの道やシャクナゲの道で花期が終わり実をつけ始めたカタクリがあちこちに見られました。片栗粉はこの実ではなく、球根をすりつぶして作ります。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る &nb … 続きを読む

ツルリンドウ

リンドウ科ツルリンドウ属ツルリンドウ 高槻市のポンポン山の山中で咲いていました。茎や葉、花は少し紫色を帯びたきれいな花で、地表を這う蔓植物です。 リンドウ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

センブリ

リンドウ科センブリ属センブリ 高槻市原の神峯山寺の境内で咲いていました。千回振り出してもまだ苦いという意味で「千振」の名が付きました。以前に「笑っていいとも」で罰ゲームとしてセンブリ茶を飲むシーンが度々放映されました。一 … 続きを読む

アサマリンドウ

リンドウ科リンドウ(ゲンティアナ)属アサマリンドウ 高槻市原の神峯山寺の境内で咲いていました。伊勢の朝熊山に由来するリンドウで、西日本の低山地帯に自生します。 リンドウ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

シロバナカノコユリ

シロバナカノコユリ 塩尻市奈良井宿の道端で咲いていました。カノコユリはピンク色の鹿の子模様の斑点が入っていますが、この花は花びらが白く鹿の子が失われています。花びらが反り返っているのが特徴です。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4 … 続きを読む