カテゴリー別アーカイブ: 雑草1

オウギカズラ2

シソ科キランソウ属オウギカズラ 高槻市原の山麓で咲いていました。送出枝を出して蔓上に伸びることと葉が扇形をしていることから扇蔓の名がつきました。 シソ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

シロイヌナズナ

アブラナ科シロイヌナズナ属シロイヌナズナ 六甲山の山頂付近で咲いていました。生物学の研究で頻繁に登場する植物ですが、見た目はとてもありふれた雑草です。成長が早く、育てやすく、ゲノムサイズが小さくてゲノム解析が終わっている … 続きを読む

ラショウモンカズラ

シソ科ラショウモンカズラ属ラショウモンカズラ 六甲山の山頂付近で咲いていました。平安時代に嵯峨源氏の東国武士であった渡辺綱が京都の一条戻り橋で鬼の腕を切り落としました。謡曲『羅生門』で舞台を羅生門に移して謳われました。こ … 続きを読む

フウロケマン

ケシ科キケマン属フウロケマン 六甲山の山頂付近で咲いていました。花はキケマンとよく似ていますが、葉に細かい切れ込みがあるのが特徴です。 ケシ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

ナルコユリ

キジカクシ科アマドコロ属ナルコユリ 神戸市立森林植物園で咲いていました。6枚の花びらがくっついて筒状になって垂れ下がっています。花が鳴子のような形状なのでこの名がつきました。 キジカクシ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

ミズバショウ

サトイモ科ミズバショウ属ミズバショウ 神戸市立森林植物園で咲いていました。尾瀬で咲く花として有名ですが、六甲山には自生していません。 サトイモ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

キバナキセワタ

シソ科フロミス属キバナキセワタ 神戸市立森林植物園で咲いていました。漢字で書くと「黄花着せ綿」となり、黄色い花が輪になって下を向いています。 シソ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

オトメザクラ

サクラソウ科プリムラ(サクラソウ)属オトメザクラ 六甲山の山頂付近で咲いていました。プリムラ・マラコイデスともいい、プリムラの中では花茎が長い方です。 サクラソウ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

アオマムシグサ

サトイモ科テンナンショウ属アオマムシグサ 六甲山の山頂付近で咲いていました。仏炎苞が青色のマムシグサです。 サトイモ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

マムシグサ

サトイモ科テンナンショウ属マムシグサ 六甲山の山頂付近で咲いていました。仏炎苞の形がマムシが立ち上がって頭部のみを前に突き出している様子に似ていること、偽茎の模様がマムシの胴体に似ていることから、この名がつきました。 サ … 続きを読む