カテゴリー別アーカイブ: 雑草1

ニシキゴロモ

シソ科キランソウ属ニシキゴロモ 高槻市原の山麓で咲いていました。シソ科によく見られる薄紫の唇形花です。花にも葉にも細かい毛がびっしりと生えています。 シソ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

ヤワラスゲ

カヤツリグサ科スゲ属ヤワラスゲ 万博公園の河岸で見かけました。触ると軟らかいので柔菅の名がつきました。 カヤツリグサ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

カワヂシャ

オオバコ科クワガタソウ属カワヂシャ 万博公園の川岸で咲いていました。ヂシャとはサラダにする葉物野菜のことで、若葉は軟らかくて食用になります。 オオバコ科へ戻る 雑草図鑑1-1へ戻る

コウボウ

イネ科コウボウ属コウボウ 万博公園の湿地で見かけました。3小花が透明な包頴に包まれた小穂が円錐花序を形成します。茎葉は短く、根生葉のみ長くなっています。クマリンの甘い匂いを漂わすために、香茅の名がつきました。 イネ科4へ … 続きを読む

ウスベニチチコグサ

キク科ウスベニチチコグサ属ウスベニチチコグサ 万博公園の川岸で咲いていました。チチコグサの仲間はどれも地味な花が咲き目立ちませんが、この花は例外的に目立ちます。 キク科3へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

トウバナ

シソ科トウバナ属トウバナ 万博公園の川岸で咲いていました。対生する二組の葉が十字型に開いた中心部に花穂が塔状になっていることからこの名がつきました。 シソ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

キンキイタチシダ

オシダ科オシダ属キンキイタチシダ 万博公園の川岸で見かけました。 オシダ科へ戻る 雑草図鑑1-1へ戻る

カキツバタ

アヤメ科アヤメ属の植物カキツバタ 万博公園の川岸で咲いていました。カキツバタといえば在原業平のこの折句の歌を思い出します。 からころも きつつなれにし つましあれば はるばる来ぬる たびをしぞ思ふ アヤメ科へ戻る 雑草図 … 続きを読む

ケマンソウ

ケシ科ケマンソウ属ケマンソウ 高槻市原の山麓で咲いていました。仏前に飾るためにお堂の内陣の壁に掛ける唐草や蓮華 を透かし彫りのことを華鬘といい、花がこれに似ているということで華鬘草の名がつきました。私にはどこが似ているの … 続きを読む

シラネアオイ

キンポウゲ科シラネアオイ属シラネアオイ 金剛山のシャクナゲの道で咲いていました。日光・白根山でよく見られる高山植物で、高山植物とは思えないほど大きくて目立つ花をつけます。シャクナゲの道では観賞用に植えられているそうです。 … 続きを読む