カテゴリー別アーカイブ: 雑草2

ヒメミヤマスミレ

スミレ属スミレ科ヒメミヤマスミレ 宝塚市丸山湿原の近くで咲いていました。白い花に紫色の線条がよく目立ちます。 スミレ科へ戻る 雑草図鑑2へ戻る

ヒメスミレ

スミレ科スミレ属ヒメスミレ 家の近くで咲いていました。スミレと似ていますが、全体に小型です。花期の葉は長三角形で鋸歯があります。 スミレ科へ戻る 雑草図鑑2へ戻る

ヤマヒヨドリ

キク科ヒヨドリバナ属ヤマヒヨドリ 箕面市外院の道端で咲いていました。葉の基部が幅広になることが他のヒヨドリバナやフジバカマとの違いです。   キク科2へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

ヤマアゼスゲ

カヤツリグサ科スゲ属ヤマアゼスゲ 宝塚市丸山湿原で見かけました。頂小穂は褐色の雄性で、側小穂は雌性で緑色ですが、白い柱頭に覆われています。 カヤツリグサ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

ニオイタチツボスミレ

スミレ科スミレ属ニオイタチツボスミレ 猪名川町大野山の山頂近くで咲いていました。タチツボスミレと比べると花の色が濃く、花茎に白く短い毛が密集して生えていることが特徴です。さらに距も花と同じ青紫色で、花びらが重なり、中心の … 続きを読む

シロバナサクラタデ

タデ科イヌタデ属シロバナサクラタデ 能勢町平野の道端で咲いていました。サクラタデと比べると小型の花が付きます。 タデ科へ戻る 雑草図鑑2へ戻る

ゼンマイの胞子葉

ゼンマイ科ゼンマイ属ゼンマイの胞子葉 宝塚市丸山湿原の近くで見かけました。ゼンマイの若芽は丸い発条状で山菜として食べます。成長するとシダの葉(栄養葉)を広げ、咬合性をして栄養を蓄えます。胞子様は栄養葉とは別に長細い葉を伸 … 続きを読む

スイレンボク

シナノキ科グルーイア属スイレンボク ミシシッピ外院の道端で咲いていました。アフリカ南部原産で、花の形がスイレンに似ているため、睡蓮木の名が付きました。 シナノキ科へ戻る 雑草図鑑2へ戻る

シュウカイドウ

シュウカイドウ科シュウカイドウ属シュウカイドウ 金剛山千早本道の登山口の近くで咲いていました。中国南部、東南アジア原産です。秋海棠の名は海棠の花に似た淡紅色の花で、秋に咲くことから付きました。瓔珞草(ようらくそう)の別名 … 続きを読む

シャク

セリ科シャク属シャク 宝塚市下佐曽利の道端で咲いていました。セリの香りがし、山菜として食べられてきました。 セリ科へ戻る 雑草図鑑2へ戻る