日別アーカイブ: 2019年6月25日

カキツバタ

アヤメ科アヤメ属の植物カキツバタ 万博公園の川岸で咲いていました。カキツバタといえば在原業平のこの折句の歌を思い出します。 からころも きつつなれにし つましあれば はるばる来ぬる たびをしぞ思ふ アヤメ科へ戻る 雑草図 … 続きを読む

キジムシロ

バラ科キジムシロ属キジムシロ 万博公園の草むらで咲いていました。 バラ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

ロシア正教の旧教徒

17世紀に起きたロシア正教の宗教改革の際に、それに反対する勢力は異端とされました。彼ら古儀式派はカレリア地方やシベリアに逃れて身を隠した集団もいました。古儀式派にも「司祭容認派」と「司祭非容認派」があり、後者の方がウルト … 続きを読む

ウンナンオウバイ

モクセイ科ソケイ属ウンナンオウバイ 万博公園の藪の中で咲いていました。オオバイよりも大きな黄色い花を咲かせる蔓植物です。中国雲南省近辺から明治時代に移入されました。 モクセイ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

ケマンソウ

ケシ科ケマンソウ属ケマンソウ 高槻市原の山麓で咲いていました。仏前に飾るためにお堂の内陣の壁に掛ける唐草や蓮華 を透かし彫りのことを華鬘といい、花がこれに似ているということで華鬘草の名がつきました。私にはどこが似ているの … 続きを読む

シラネアオイ

キンポウゲ科シラネアオイ属シラネアオイ 金剛山のシャクナゲの道で咲いていました。日光・白根山でよく見られる高山植物で、高山植物とは思えないほど大きくて目立つ花をつけます。シャクナゲの道では観賞用に植えられているそうです。 … 続きを読む

エンレイソウ

ユリ科エンレイソウ属エンレイソウ 金剛山のシャクナゲの道で咲いていました。3枚の花びらのように見えるのは萼で、紫や褐色に変化していきます。花びらはなく、雄しべと雌しべのみみられます。根にはサポニンを含み、胃腸薬や催吐剤な … 続きを読む

生活習慣と口臭の関係は?

ある種の医薬品や夜食の習慣は、体臭や口臭の原因となります。また、カレーやアルコールなどはニオイが残りやすく、コーヒーやタバコは食後の口臭を消すよりもむしろ、新たなニオイの元となるため注意が必要です。 食後の対策としては、 … 続きを読む

ハワイカイ

マリーナから小型の船やカヌーが出入りする様子をゆっくりと眺めました。近くのコアパンケーキハウスでパンケーキとサンドイッチをテイクアウトし、水辺で昼食を取った後にです。

エイザンスミレ

スミレ科スミレ属エイザンスミレ 金剛山のシャクナゲの道で咲いていました。葉が深くさけるのが特徴の白いスミレで、比叡山に生えていたことからこの名がつきました。 スミレ科へ戻る 雑草図鑑2へ戻る