日別アーカイブ: 2021年7月3日

口臭検査(機器) 口腔水分計「ムーカス」

「口の中がネバネバする」「口の中がカラカラになる」「食事のとき水分がないと飲み込みにくい」「唾液が泡状になる」「食べ物の味がおかしい」「口臭がする」といった症状はドライマウスにより生じます。口の中が乾燥しているかどうかを … 続きを読む

アリマコスズ

イネ科スズ属アリマコスズ 宝塚市丸山湿原で見かけました。神戸市の有馬温泉とその周辺の地域に分布する背丈の低いササです。冬になると葉の縁に白い隈取りができます。 イネ科4へ戻る 雑草図鑑1-1へ戻る

口臭検査(機器)BBチェッカー(口臭測定器)

当クリニックでは、最新式の口臭測定器であるBBチェッカーを使用して口臭の原因になる全ての可燃性ガスを測定します。口の中のニオイだけでなく、吐く息のニオイも測定できる唯一の機械です。口臭の強さを数値で表すことができるため、 … 続きを読む

アマニュウ

セリ科シシウド属アマニュウ 金剛山の山頂付近で咲いていました。名前の通り甘味があるそうです。葉柄の下部は膨らんで鞘状になっています。 セリ科へ戻る 雑草図鑑2へ戻る

アズマギク

キク科ムカシヨモギ属アズマギク 山梨県北杜市小淵沢町の草むらで咲いていました。東国に多い花なので、この名が付きました。同名の園芸品種として栽培されているのは、キク科ミヤマヨメナ属のミヤコワスレ Gymnaster sav … 続きを読む

アオゾメタケ

ツガサルノコシカケ科オオオシロイタケ属アオゾメタケ 比良山の広谷で見かけました。胞子が青色を帯び、キノコ全体も青色を帯びています。 ツガサルノコシカケ科へ戻る キノコへ戻る

アオイロフジバカマ

キク科コノクリニウム属アオイロフジバカマ 箕面市外院の草むらで咲いていました。ミシシッピ川流域の原産で、セイヨウフジバカマ、ユーパトリウム セレスチナムの別名もあります。薄紫の環状花が集まり、薄紫の雄しべが周囲に垂れてい … 続きを読む

イヌノハナヒゲ

カヤツリグサ科ミカヅキグサ属イヌノハナヒゲ 宝塚市丸山湿原で見かけました。細い葉の形状から花髭の名がついてようです。小穂の針刺状花被片の先に白いひげのような小刺が伸びています。 カヤツリグサ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

イシカグマ

コバノイシカグマ科フモトシダ属イシカグマ 金剛山の登山口で見かけました。カグマとはシダのことで、石の間に生えるため、この名が付きました。 コバノイシカグマ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る