歯周病とはどのような病気ですか?

歯の周りに付着した歯垢や歯石には、無数の歯周病菌が繁殖しています。これらの菌が出す毒や酵素が歯の周りの歯茎を傷めつけることにより、冷たい物がしみたり、歯茎の腫れや出血といった症状を引き起こすのが歯周病という病気です。歯周病の恐ろしさは、痛みや目立った外見上の変化がないまま、歯茎の奥深くで数年から数十年かけて徐々に進行する病気であるということです。また、腫れや痛み、歯の動揺などの自覚症状が出てきた時には、すでに歯を支えている骨がほとんど浸食されてしまっているという事態もあり得るのです。このように、骨が解けてなくなるという点が歯周病の最大かつ厄介な特徴といえます。

キバナノカワラマツバの蕾

キバナノカワラマツバの蕾
伊吹山の3合目で咲こうとしていました。茎に松の葉のような細い葉が輪生しています。

アカネ科へ戻る

雑草図鑑1-1へ戻る

キアシアミイグチ

イグチ目イグチ科キアミアシイグチ属
宝塚西谷の森公園で見かけました。傘は茶褐色ですが、裏面の管孔は黄色です。同じく黄色の柄には網目模様があり、黄網脚猪口の名が付きました。

PET検査

放射能を含む薬剤を注射し、体のどの部分に多く取り込まれたのかを調べるのがPET検査(陽電子放出断層撮影)です。がんが転移していないかどうかを調べることが多いのですが、そのためにがん細胞に取り込まれやすい放射性薬剤を用います。

その薬剤はFDG(フルオロデオキシグルコース)というもので、ブドウ糖の水酸基1か所をフッ素18という放射性同位元素に置き換えたものです。ブドウ糖はがん細胞に取り込まれやすい性質があり、FDGも同じ性質があります。

ブドウ糖は脳、扁桃腺、乳腺、肝臓、腸管にも取り込まれやすいという性質があり、FDGもこれらの臓器によく取り込まれます。そのため、がん病巣との区別が必要となります。

LAT-1(L型アミノ酸トランスポーター1)はがん細胞にのみ発現していて、フェニルアラニンなどのアミノ酸をがん細胞に取り込む働きがあります。フェニルアラニンをホウ素とフッ素18で標識したFBPAを注射すると、がん病巣のみをPET検査で見つけやすくなります。

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/tracer/about/research/pet_02.html

BANAぺリオ

歯周病治療と予防のホープとして登場したのが、BANAペリオという検査キットです。バナペリオは、歯肉縁下の4箇所の部位から歯垢(プラーク)を採取して、プラークの中に3種の菌が持つBANA分解活性酵素、つまり歯周病原菌の有無を調べる検査です。

歯周基本検査と歯周精密検査

歯周組織検査は歯周基本検査と歯周精密検査に細分されます。前者は歯周組織の概要を把握するための簡略化した検査法であり、後者は詳細に把握するために多数の項目を詳しく調べるものです。

歯周基本検査
測定項目
歯周ポケットの深さ(各歯の1ヶ所の深さを測定)
ポケット測定時の歯肉出血
歯の動揺度

キアシアミイグチ

イグチ科キアミアシイグチ属キアシアミイグチ
宝塚西谷の森公園で見かけました。傘は茶褐色ですが、裏面の管孔は黄色です。同じく黄色の柄には網目模様があり、黄網脚猪口の名が付きました。

イグチ科へ戻る

キノコへ戻る

ガマ

ガマ科ガマ属ガマ
宝塚西谷の森公園で咲いていました。ガマといえば、因幡の白兎の伝説中に登場します。ワニザメに皮をはがれ、だまされて海の塩水に漬かりさらに痛みが増します。最後に正しい治療法を教えてもらい、水で体を洗いガマの葉を敷き詰めて転がり花粉をつけることで治りました。ガマの花粉を生薬にしたものが蒲黄で、止血、補血、破血、利尿作用があります。

ガマ科へ戻る

雑草図鑑1-1へ戻る

カノツメソウ

カセリ科カノツメソウ属カノツメソウ
山梨県北杜市小淵沢町の草むらで咲いていました。太く短い根の形がシカの爪のように見えることから、鹿の爪草の名が付きました。

セリ科へ戻る

雑草図鑑2へ戻る

miCDルーペ

拡大鏡ルーペ拡大鏡(ルーペ)を用いることにより、歯を細部まで拡大して見ることができます。肉眼ではわかりにくい異常や問題点だけでなく、治療の仕上がりや点検にも大変役立ちます。