ここ一年で急激に歯茎が後退しました。歯茎に出血があるわけではないですし、歯医者に見てもらっても大丈夫と言われます。まだ、25ですのでこれ以上の後退はさけたいですし、抜けるのではないかと心配になります。

歯茎はどれぐらい後退はしても大丈夫なのでしょうか?上前歯と下前歯はひどいので、外見がとても気になります。治療法とかは、ありますか?

歯茎は歯が埋まっている顎の骨の表面を覆うもので、分厚い部分でも数ミリ程度の厚さしかありません。従って、歯茎が後退し続けているのであれば、その下にある骨も減少している可能性があります。

歯は通常、見えている部分より骨の中に埋まっている根っこの方が長く、この部分が歯周靭帯と呼ばれる線維で周りの骨に繋がれています。従って、かなり後退しても抜けないことが多いものです。むしろ、問題となるのは歯の揺れです。歯が動揺すると根っこの周りの骨が溶けてきたり、歯を繋いでいる線維が緩くなりがちなので、歯が抜ける可能性が高くなるのです。

但し見た目も重要で、特に笑ったときに歯の根っこが見える前歯や、歯と歯の隙間は目立ちやすいと言えます。また、歯の根っこが見える状態が続くと、冷たいものがしみるなど知覚過敏の症状が出やすくなります。こうなると治療が必要です。

次に治療法ですが、このような見た目の問題や、根っこの部分がしみるなどの問題に関しては、小さい虫歯の治療に使うような、白いプラスチックの材料で修復する方法があります。

いずれにしても、歯茎の後退が続いている場合には、まずはその原因を明らかにしなければなりません。歯ブラシ使い方が適切でないと、歯茎が下がる場合があります。また、歯周病によって骨が下がってきている可能性もあります。通常、歯科ではお口のお手入れの指導の他、歯周病予防のための専門的なクリーニングも行っています。

歯茎の状態は非常に変化しやすく、お口の中の環境や全身状態に伴って変化する場合もあります。また、食事や生活習慣の変化によって影響を受けるケースもあるため、歯や歯茎の治療を積極的に行うよりも様子を見ていただく方が賢明かもしれません。

ナメコ

モエギタケ科スギタケ属ナメコ
大原野森林公園で見かけました。全体にぬめり成分で覆われていて滑らかなことから、この名が付きました。

ナメコ

モエギタケ科へ戻る

雑草図鑑3へ戻る

左金丸

左金丸
大口先生の2症例目はストレスが胃に来る肝胃不和の状態でした。正確に言うと肝火犯胃の状態で、ゲップ、嘔気、心窩部痛、心窩部不快感が続いていました。方剤は左金丸(黄連18g、呉茱萸3g)ですが、エキス剤では黄連解毒湯を多い目、呉茱萸湯を少ない目にして使います。

ナガヒツジゴケ

大原野森林公園で見かけました。

新木本塾

中医学を学ぶ6月の新木本塾はいつもの通り尹国有先生の『中医弁証 常見病典型案例評析』の本読みから始まりました。感冒の4例目ですが、薬物療法で改善しかかったが、ぶり返してしまいました。十分な休息を取り、多量のお白湯を飲み、脂っこいものや辛い物を避けるという生活改善で治癒しました。

一次予防

プロフェッショナルケアとして年に一度、サホライドという液体状の薬を露出した歯根面に塗布します。サホライドは38%フッ化ジアミン銀でできた歯科医院専用の塗り薬です。またホームケアとして毎日、カルシウムとリン酸が添加された歯磨き粉を用いてブラッシングし、フッ化ナトリウムが入った洗口液でうがいをします。

根面う蝕の予防法

根面う蝕には2つの予防法があります。一つ目は根面う蝕の発症を止めるため、露出した歯根面に対して行う一次予防で、二つ目は既に生じてしまった根面う蝕の進行を防ぐための二次予防です。いずれも歯科医院で行うプロフェッショナルケアと個人で行うホームケアがあり、双方を組み合わせることによって予防の可能性が高まります。

曜日別担当医一覧のお知らせ

2021年4月より診療体制が変わりました。

ナガバチヂレゴケ

大原野森林公園で見かけました。細い毛がとぐろを巻いているようです。

認知症と嚙み合わせ

SONIC studyの研究成果をもう一つ紹介します。80歳代のグループに対して3年間観察した結果です。咬合支持がある群都内群で認知症にかかる割合がそれぞれ25%、37%と有意な違いがみられました。かみ合わせがしっかりしている方が、認知症になりにくいということです。

アルツハイマー型認知症の関連因子は、脳への刺激の低下、炎症、食物・栄養の3点です。咀嚼することで脳に刺激を与え、口腔感染を予防することで炎症を抑えることが認知症発症を抑えたのでしょう。

Hatta, Kodai, et al. “Influence of lack of posterior occlusal support on cognitive decline among 80‐year‐old Japanese people in a 3‐year prospective study.” Geriatrics & gerontology international 18.10 (2018): 1439-1446.

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/ggi.13508