歯の神経を抜いた後、歯の痛みがとれない

相談: (48歳 女性)

歯の神経を抜いた後、歯の痛みがとれず、別の歯科で根管治療をやり直したところ、根に詰め物をした時に激痛が走り、それからは、歯を触らなくても鈍痛が続き、苦しんでいます。

詰めた歯の根は穴が開いていたのですがオーバー根管は否定され、大学病院の歯科を紹介されました。そこでは、ペインクリニックに行くように言われ、漢方薬を処方され、効果はありません。心療内科でサインバルタを処方され、少し楽になりました。

ただ、増量したところ、副作用がひどく、1カプセルに戻しても、副作用が出るようになり、飲めなくなってしまい、歯の痛みが戻ってしまいました。大学病院では、歯の根の詰め物を取る予定ですが、1ヶ月以上先でしんどいです。

回答:口腔内科 樋口均也

歯の神経を抜いた後、切断した断片部分の傷は時間をかけて治っていきますが、中には傷の治りが悪く、痛みが続くケースがあります。このような痛みを「神経障害性疼痛」といいます。

神経障害性疼痛に対しては抗うつ薬が効果的なので、その一種であるサインバルタが効いて痛みが少し楽になったのでしょう。系統が違う抗うつ薬を試すと、副作用のない治療を進められる可能性があります。

抗うつ薬以外では抗けいれん薬のリリカ、麻薬系鎮痛薬のトラムセットやトラマドールが神経障害性疼痛に対して有効です。また、カロナールという鎮痛剤も慢性疼痛に対して効果があります。

相談: (48歳 女性)

早速のお返事ありがとうございます。抗うつ薬ですが、いつか飲まなくても良いときがくるのでしょうか?痛みが取れることはあるかもしれないと思っていますが、治癒されるかがひっかかります。

何年か抗うつ薬を飲んだら、痛みが取れて、薬をやめることができるのでしょうか?あるいは、一生飲み続けなければならないのでしょうか。ネットや本を読みましたが、抗うつ薬で痛みが取れた話はありますが、薬を飲まなくてすむようになった話は出てきません。

それから、歯科医からはペインクリニックに行くように言われていますが、神経ブロック注射は効果がないのでしょうか。お忙しいところ申し訳ありませんが、教えていただけるとありがたいです。

回答:口腔内科 樋口均也

抗うつ薬の使用期間は、薬の内服により痛みが落ち着いてから半年~1年間を目安に継続します。それにより、内服中止後の痛みの再発や悪化を防ぐことができるのです。

また、ブロック注射は効果が出る場合があるため、試してみる価値はあるでしょう。

ワンマン列車

山梨県の小淵沢から長野県の小諸まで、八ヶ岳を半周するように山麓を回る小海線に載りました。清里駅と野辺山駅の間にはJR最高地点(1375m)がある高原列車です。2両編成で出入り口は先頭の1か所に限られ、運転手が切符を回収したり、料金箱に料金を投入したりするシステムです。

清里からの帰りは合宿がえりの小学生の大群が2グループも乗り合わせたためにすし詰めとなりました。先頭の入り口に移動することもできず、各車両の前方後方の4か所の出入口が開きました。

頬粘膜の違和感と赤み、腫れ

相談: (女性)

先程深夜1時半頃の夜勤中に、舌の左下から、左頬部内側粘膜まで違和感が急に広がり、しばらくしてみたら、真っ赤で今にも出血しそうなくらい赤くはれている状況です。口内炎の弱いような腫れてるような違和感があります。紅板症っていうものですかね!!ガンなのか、ガンになるのか不安です。一昨日の夜勤明けでは睡眠がとれず、39時間起きていて、昨日は朝から起きていて、夕方から先程深夜3時まで勤務でした。夕方から胃がキリキリしていたので、疲れからきているのかなともおもいますが、、、。怖いです…。長々すみません。

回答:口腔内科 樋口均也

紅斑症は細胞異形性が強いことから、ガンになる可能性のある病気です。一般的にはこれ単独で痛みが出ることはないため、紅斑症の心配はそれほどしなくてよいでしょう。

ところで紅斑症ではないなら、頬粘膜が赤くなっている理由は何でしょうか。腫れて痛いという症状から推測すると、何らかの原因により頬粘膜に炎症が生じていると考えられます。外傷や口内炎、やけど、食物の刺激、細菌感染、真菌感染、ウイルス感染、アレルギーによる炎症などが該当します。

従って今後も症状が持続する場合は、口腔外科か耳鼻咽喉科の診察を受けられることをお勧めします。

FGF-2徐放性レジン

ふた昔前の話ですが、大阪大学歯学部歯科理工学講座教授の今里聡先生は歯科用レジンに抗菌性を付与することに成功しました。このレジンはクリアフィルメガボンドFAとして商品化されています。

今里先生の教室で坪井莉理子先生はレジンに組織再生能を付加することを目指し、FGF-2徐放性レジンを開発しました。逆根管充填、破折歯の接着、根管穿孔部の封鎖にこのレジンを用いれば、これらの問題の伴って生じた骨欠損が修復されやすくなりそうです。

Development of a novel dental resin cement incorporating FGF-2-loaded polymer particles with the ability to promote tissue regeneration

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0109564117310539

FGF-2

身体症状症

身体の状態が何となく普段とは違う、調子の悪い部分があるという場合は誰でも気になるものです。何かの病気にかかったのでは? もしかしてガン? などと考え始めると何も手に付かなくなる人もいるでしょう。

「身体症状症」とはこのように身体の異常や変化が過剰なまでに気になり、思考や感情、行動が病的になってしまう病気です。過剰な思考とは、原因をとことん追求しようとする態度や病気が悪化した際に直面するであろう事態を考え続ける習性をいいます。また、過剰な感情とは心配のあまり将来に絶望したり、気分が落ち込んで何事にも興味を失ってしまうような心理状態をいい、過剰な行動とは体調が気になって働けず、医療機関を何軒もはしごして異常を見つけようとする姿勢をいいます。

身体症状症は2013年に改訂された米国精神医学会の精神疾患診断分類(DSM-V)で新しく作られた病名です。従来の精神疾患診断分類であるDSM-Ⅳ-TRにおいて「身体表現性障害」というグループの中の「身体化障害」「鑑別不能型身体表現性障害」「疼痛性障害」と「心気症」の一部が、「身体症状症」としてまとめられました。身体表現性障害ではその身体症状が「医学的に説明できない」ものとされていましたが、身体症状症では医学的に説明できるかどうかは問わず、思考や感情、行動が過剰であるか否かという点が着目されるようになりました。

清里

駅前にペンションが立ち並ぶ写真を見た覚えがあったので、清里駅に到着間際にペンションが見えてきたときは「ついに来たか」と思いました。しかし、なんだか様子が変です。ペンションに人の気配がなく、幽霊屋敷のようです。駅前に出てみると、休日の朝というのにシャッターが下りた店や封鎖されたペンションばかりです。バブルの頃にはとても賑わったそうですが、今はひっそりとした高原リゾートに後戻りしたようです。

夏の宴会

4月から入職した栗木先生の歓迎会と7月末で退職された野田先生の送別会を兼ねて院長が宴会を開催してくれました。
なかなか予定が合わず、参加人数は少なかったのですが和気あいあいとした時間を過ごしました。ご飯もお酒もとても美味しい店だったのでぜひまた個人的に行きたいです。

食いしばりに関する質問と回答 ほっぺたの裏側に口内炎のような歯の形にそったものが出来ます

相談: (39歳 女性)

ここ何年かほっぺたの裏側に口内炎のような歯の形にそったものが、出来ます。気になって噛んでしまうと、血がしばらく止まらなくなり、ただれたような感じになります。しばくは痛みがあり、少し腫れがあります。 歯医者さんに行く時聞くのですが、噛み合わせの問題と言われました。
でも同じ症状がずっと続いているので、気になってご相談させて頂きました。何も心配ないなら良いのですが…

回答:口腔内科 樋口均也
頬粘膜の歯痕は、歯ぎしりや食いしばりによる可能性が高いといえます。たとえ食いしばっていなくても、上下の歯が接触し続けているだけで頬粘膜に歯痕がつきます。これを歯列接触癖(TCH)といいます。
噛み合わせが悪いといわれたようですが、歯並びや噛み合わせに問題があると、頬粘膜を誤って噛んでしまうことがあります。歯並びや噛み合わせを治すことで症状の改善が期待できますが、実際に治療するのはなかなか大変でしょう。 また、歯痕ではなく頬粘膜にガンが生じているケースもありますが、既に診察を受けられているので心配は無用でしょう。

舌下腺原発扁平上皮癌

口の周囲には耳下腺、顎下腺、舌下腺という大唾液腺があります。これらが癌化すると腺癌(やその近縁種)が生じますが、稀に扁平障子癌が生じることがあるというのがこの発表です。

唾液腺から流れ出した唾液が流れる導管では扁平上皮が見られることがあり、扁平上皮癌が発生することがあります。しかし、唾液腺組織そのものには扁平上皮はなく、扁平上皮癌が生じるのは不思議なことです。他の臓器から転位した場合は別ですが、この症例ではそのような転移は確認されませんでした。粘表皮癌が扁平上皮癌に変化したのかもしれませんが、癌細胞の変幻自在さには驚かされます。

ロッジ・キースプリング八ヶ岳

八ヶ岳に面したペンションに泊まってみようとこの宿を予約しました。夕食はビーフシチューのコース料理でした。甲府ワインの搾りかすを餌にして育てた牛の肉を使っているそうです。24時間掛け流しの温泉につかってゆっくりしました。

ロッジ・キースプリング岳

ロッジ・キースプリング岳

ロッジ・キースプリング岳