キクザキイチゲ

大原野森林公園で咲いていました。花びらの数が少ないものから多いものものまで変化に富むようです。

ドライマウスにはどんな食べ物がいいの?

油分を控えた調理法なら、基本的には肉でも魚でもOKです。また、唾液の分泌を促す食品(梅干、レモン、酢の物など)を積極的に摂るように心がけ、香辛料や粘膜に付着しやすい食品は避けましょう。

慢性疼痛治療ガイドライン

2018年に作成されたガイドラインの改訂版が送られてきました。前回のガイドラインから大幅に追加され、倍近い厚みのずっしりとした本です。私は日本口腔顔面痛学会に所属していて、会員には無料で配布されています。初版ガイドラインの内容はネット上で公開されていて、無料でダウンロードできます。

https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&ved=2ahUKEwiJuN2BqcjxAhVyxYsBHVzuDKoQFjACegQIBBAD&url=https%3A%2F%2Fminds.jcqhc.or.jp%2Fdocs%2Fgl_pdf%2FG0001054%2F4%2FClinical%2520Practice%2520Guideline.pdf&usg=AOvVaw15sgdkAwS7Zc_T_lzamBAS

口腔内科とは

舌がヒリヒリする
口の中がやけどをしたように熱く痛い
舌がしびれたような違和感がある
食事中は痛まないのに何もしていないとドンドン舌が痛くなる

カンスゲ

カヤツリグサ科スゲ属カンスゲ
氷ノ山の登山口で見かけました。冬の寒い時期でも枯れずに緑色の葉を広げているため、寒菅の名が付きました。濃赤褐色の雄小穂が茎の先端に付き、その下に3~5個の雌小穂が間隔を置いて付きます。

カヤツリグサ科へ戻る

雑草図鑑1-2へ戻る

四逆散証

少陰は三陰(太陰、少陰、厥陰)の枢(かなめ)であり、水火、陰陽を調節します。陽気が中脘(みぞおちとへその間)にとどまって四肢に到達しなくなると、手足が冷えます(四肢厥冷)。このような場合に四逆散を用い、陽気を全身に巡らせます。

舌の先左側表面が少し痛い様な感じがします

質問

舌の先左側表面が5ミリ程度円形状にツブツブがなくなり、つるっとした表面になり、少し痛い様な、知覚鈍麻の様な感じに、おそら2~3年前よりなります。ツブツブもあり痛み等の症状がない時期もあります。

目をつむり舌を触ったり、しこり等がないか確認しましたが、素人ながら他部分と変わりないと思います。ただ何時も同じ場所になり、大きくはなっていないようですが、歯並びが悪く刺激しているのか、他に何かの病気の可能性があるのか、気になるためメールさせて頂きました。診察して頂いた方が良いでしょうか。宜しくお願い致します。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

舌が痛む病気を舌痛症といいます。舌痛症はドライマウスやカンジダ症、細菌感染、鉄欠乏症、亜鉛不足、歯ぎしりや食いしばり、脳梗塞など特定の原因があるものとないものとに分かれます。

原因がはっきりしないタイプは舌神経に何らかの異常が疑われ、ストレスなどの心理的、社会的要因が何らかの影響を与えている場合もあります。

痛む部分の粘膜が円形状に変化したり、元に戻ったりするようですが、これはその部分に歯が当たって変化したり、歯並びの悪さも関係しているかもしれません。また、歯ぎしりや食いしばりがあると舌を歯に押し付けやすくなります。

どのような問題があるのかについては、舌の状態を実際に診察してみないとお答えできません。一度、歯科か口腔外科、耳鼻咽喉科を受診されることをお勧めします。”

歯周病による歯並びや噛み合わせの変化

質問

子供の頃より歯磨きをろくにしておらず、16歳の時に、念入りにいつも以上に力を入れ歯磨きをしたら、歯茎が悪かったらしく、歯並びがバラバラになり、歯が倒れるかのように、噛み合わせが合わなくなり、当時は口腔外科も知らず、歯科に行っても、生まれつきとか、中々分かって貰えず、中々前に進めずじまい、中には削りその歯並びのまま、高さ調整する歯科も…今現在は腫れが酷く匂いが、そして、16歳から慢性の下痢に悩む状況です!菌によるものかと思ってます。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

10代の頃から歯肉炎によるさまざまな問題があるようですが、歯並びや噛み合わせの問題については歯周病に因るものであると推察します。

慢性の下痢に関してはさまざまな原因が考えられるため、胃腸科で詳しく検査を受ける必要があります。クローン病という消化管粘膜の病気でも下痢が起こりますが、この病気は歯周病と関連する場合もあります。

ご存知の通り、歯周病は菌による病気です。歯の周囲に棲息する歯周病関連菌を減らすため、歯科で検査や治療、指導を受けられることをお勧めします。”

タカネビランジ

ナデシコ科マンテマ属タカネビランジ
清里高原の清里テラスの岩場で咲いていました。南アルプスで見られる高山植物とされていますが、八ヶ岳にも分布していそうです。

ナデシコ科へ戻る

雑草図鑑2へ戻る

ダイダイイグチ

イグチ科ヤマドリダケ属ダイダイイグチ
宝塚西谷の森公園で見かけました。鮮やかな橙色の目立つキノコです。

イグチ科へ戻る

キノコへ戻る