無理して神経を残すとデメリットがありますか

はじめまして。「神経を抜いて、土台をたてて、かぶせものをする」ということで、すでに、「虫歯の部分を削って仮詰」です。今、痛くないし、充分、噛めます。今からでも、神経を残すことは、可能でしょうか?
今、無理して、神経を残して、その後、痛くなってから、「神経を抜いて土台をたててかぶせもの」をすると、なにか、デメリットがあるのでしょうか?「生きてる神経を抜くほうが簡単」で、「死んだ神経を抜くほうが難しい」のでしょうか?
「無理して、神経を残したとしても、すぐに、神経を抜いて土台をたててかぶせものをしなければならない状況になることが、予測される」場合は、「早めに神経を抜いたほうが、歯の根元部分は、長持ちしたり、『土台をたてて、かぶせもの』をした『もの』が、長持ちしたりする」こともあるのでしょうか?
回答
神経を残すことが可能かどうかは、現在の神経の状態で決まります。深い虫歯により神経は炎症を起こしますが、さらに大きな虫歯で炎症の回復が困難な場合には、神経を抜く必要があります。
無理して神経を残し、後から痛みが生じた場合は治療をやり直すことになります。
神経の生死による治療の難易度については、どちらも大差はありません。かぶせものを入れる前に、神経を抜くか否かに関する正しい診断が必要です。再治療は歯を削る量が多くなりがちで、歯を弱くしてしまうというデメリットがあります。

水酸化カルシウムの根幹外溢出

上顎側切歯の根管治療中に水酸化カルシウム製剤(カルシペックスⅡ)が根管外に多量に溢出した症例です。顔面の腫脹、複視、倦怠感、口蓋粘膜の壊死が生じました。

水酸化カルシウム製剤が前・中歯槽動脈と大口蓋動脈を塞栓し、大口蓋動脈を逆行して下降口蓋動脈、顎動脈に達し、下歯槽動脈、深側頭動脈、後上歯槽動脈、眼窩下動脈、蝶口蓋動脈にも影響が及んだと考えられました。

切削部の形態やサイズの品揃えが豊富

従来品は切削部分が球状で、虫歯の穴(窩洞)の形態や部位によっては削りにくい場合がありました。しかしMIバーは球状以外の形態も持ち合わせ、サイズも大小多種類が揃うため、あらゆる窩洞を削ることが可能となりました。

タチスゲ

清里高原の湿原で見かけました。茎全体も雌小穂も垂れ下らずに直立するので、立菅の名が付きました。茶色の雄小錐と緑色の雌小穂が同じような位置につき、同じような長さです。

タチスゲ

タチスゲ

MIバー

従来の虫歯治療では、虫歯の削り残しを防ぐため周辺の健全な部分まで広く削る傾向がありましたが、当然のことながら病変部以外は残した方がよいのです。歯を削る鉄製の道具をラウンドバーといい、虫歯の部分のみを細かく削り取るのに適した形態のバーをMIバーといいます。特徴は以下の2点です。

翼突鉤滑液包炎

蝶形骨は顔面と頭蓋の境界部である頭蓋底を構成する骨です。顔面の奥深くにあるため、手術で触ることは少ないのですが、翼状突起外側板と翼状突起内側板から出る翼突鉤は例外です。

翼状突起は上顎最後臼歯の後方の粘膜直下に触れます。この症例では翼突鉤の部分に接触痛、嚥下時痛が生じました。翼突鉤には口蓋帆挙筋の腱が通っています。翼突鉤が長いと、腱が摩擦を起こし、翼突鉤と口蓋帆挙筋との間に存在する滑液包が炎症を起こすと考えられます。翼突鉤を切除することで症状は消失しました。

翼突鉤滑液包炎

青色ゴムマリ様母斑症候群

舌や口蓋に血管腫が多発した症例です。皮膚と胃にも血管腫が多発していたため、青色ゴムマリ様母斑症候群と診断されました。この病気は家族性に血管腫がみられ、9番染色体の異常が関与すると推測されています。

Yuksekkaya, Hasan, et al. “Blue rubber bleb nevus syndrome: successful treatment with sirolimus.” Pediatrics 129.4 (2012): e1080-e1084.

https://www.researchgate.net/profile/Melike_Keser_Emiroglu/publication/221889785_Blue_Rubber_Bleb_Nevus_Syndrome_Successful_Treatment_With_Sirolimus/links/564a01b808ae44e7a28d8088.pdf

タチゴケ

伊吹山の山頂付近で見かけました。茎が立つので立苔です。

AOコンセプト

スイスの学術団体であるAO Foundation打ち立てた骨接合理論がAOコンセプトです。単純骨折の場合は、整復後にチタンミニプレートを用いても頬唇側皮質骨のみmonocorticalに固定します。術後は顎間固定をしません。粉砕骨折や骨折片が3個以上の骨折の場合は、大型のチタンプレートを用いて固定します。骨折端の両側を3本以上のスクリュ-でbicorticalに固定します。

https://surgeryreference.aofoundation.org/cmf/trauma/mandible/further-reading/biomechanics-of-the-mandible

https://surgeryreference.aofoundation.org/cmf/trauma/mandible/symphysis-and-parasymphysis-simple

https://surgeryreference.aofoundation.org/cmf/trauma/mandible/body-complex

唾液が少ないと細菌繁殖しやすい

唾液には抗菌成分が含まれているので、口の中の乾燥にも気をつけましょう。唾液が汚れていると細菌やウイルスへの抑制効果がなくなるので、歯みがきはきちんとしなければなりません。