竜骨牡蛎剤

腎の虚証には附子剤や地黄丸類を用います。腎の実証に用いるのが竜骨牡蛎剤です。腎の実証とはあまり使わない概念ですが、TAO東洋医学研究会講師の小林宏先生はこの分類法を用いられます。

心と腎の陰陽はお互いにバランスを取り合っています。すなわち腎陰は心に陰を供給して心陰を補い、心陽は腎に陽を供給して腎陽を補います。腎の陽が亢進すると心陽が過剰となって心火が生じ、動悸、血圧上昇、不眠、イライラ、パニックが生じます。

竜骨牡蛎剤は腎陽亢進に起因する心火を鎮め、動悸、血圧上昇などの症状を治します。陽気が頭部に上昇すると、頭痛、めまい、ふらつき、多汗、ほてりが生じますが、竜骨牡蛎剤はこれらの症状も改善します。

竜骨牡蛎剤は竜骨(大型哺乳動物の化石化した骨)、牡蛎(カキの殻)を用いる方剤で、柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、柴胡桂枝乾姜湯がこれに当たります。竜骨も牡蛎も比重が重く、上昇した陽気を下げる働きがあります。

 

竜骨牡蛎剤

カプチーノ

こんなかわいいくまさんのカプチーノを頂きました。クラーで体が心底冷えているので温かい飲み物を注文するように心がけています。暑さを乗り切りましょう!!

根分岐部病変

大臼歯の歯根は一般的に2本や3本と複数に分かれています。上顎の大臼歯の歯根は1~3本で第1大臼歯では3根ある場合が多く、下顎の大臼歯の歯根は1~4本で第1大臼歯は同じく3根ある場合が多いのです。複数ある歯根の二また三つまたになっている部分すなわち根分岐部に歯周病が進行し、歯周組織の破壊が生じた状態を「根分岐部病変」といいます。

典型的な根分岐部病変では分岐部にのみ深い歯周ポケットが生じ、歯槽骨の吸収がみられます。病気が進行すると分岐部の歯肉がやせて(退縮して)分岐部に生じた空間が肉眼で観察できるようになります。

この部分は狭く3次元的に複雑な形態をしているため、歯石を除去することがとても難しいのです。そのため、根分岐部病変は歯周病の中でも特に治りにくい状態といえます。そのため、一度根分岐部病変が生じた歯は抜歯をすべきであるという意見を持つ専門家も少なくありません。

穿孔

歯の神経を抜いて治療する根管治療(歯内療法)の際に、誤って歯根に穴を開けてしまうのが穿孔です。穿孔が生じると痛みが治まらないため、抜歯せざるを得ないケースが少なくありませんが、MTAというセメントを用いて穿孔部を封鎖する方法で治療することが可能です。

厳しい暑さです

お盆休みも終わり本日より通常営業しています。
この写真は以前に琵琶湖へクルージングに行ったお写真です。

袪風湿薬

春は風邪、梅雨時は湿邪に侵されやすく、この二つが合わさった風湿の病が関節リウマチなどの風湿病です。袪風湿薬は風湿の邪を除き、関節や筋肉の痛みを改善します。

独活
シシウドやウドの根茎を乾燥させて生薬としたものです。鎮痛鎮痙作用、血管拡張作用があり、独活湯、独活寄生湯、独活葛根湯に用いられます。

威霊仙
センニンソウに似たシナボタンヅルの根を乾燥させて生薬としたものです。鎮痛作用、軟化作用、抗菌作用があり、疎経活血湯、二朮湯に用いられます。

防已
シマハスノハカズラの根を乾燥させて生薬としたものです。鎮痛作用、消炎作用、筋弛緩作用、利尿作用があり、防已黄耆湯、疎経活血湯、木防已湯に用いられます。

秦艽
リンドウの仲間であるジンギョウの根を乾燥させて生薬としたものです。消炎作用、解熱作用、鎮痛・沈静作用、抗アナフィラキシー作用、血糖上昇作用、降圧作用、抗菌作用があり、黄耆鼈甲湯 , 加味八仙湯 , 秦艽別甲湯 , 秦艽防風湯に用いられます。

木瓜
バラ科のパパイヤ、ボケ、カリンの実を乾燥させて生薬としたものです。パパイヤにはタンパク質分解酵素が含まれていて、肉を軟らかくする目的で料理にも使われます。日本のボケも「木瓜」と書きますが、クサボケという別のものです。鎮痙作用、利尿作用があり、蚕矢湯、加減胃苓湯 , 夏檳湯に用いられます。

桑枝
クワの幼枝を乾燥させて生薬としたものです。鎮痛作用、降圧作用があります。桑枝を用いた方剤はないようですが、関節リウマチに対してクワ茶を飲む療法があります。

桑寄生
クワの大木に寄生するヤドリギの茎葉を乾燥させて生薬としたものです。降圧作用、コレステロール低下作用、利尿作用、抗菌作用、抗ウイルス作用があり、独活寄生湯、寿胎丸
天麻鈎藤飲に用いられます。

五加皮
ウコギの仲間であるサイチュウゴカ(細柱五加)の根皮を乾燥させて生薬としたものです。強い利尿作用、血糖降下作用、抗ウイルス作用、免疫賦活作用があり、五皮飲に用いられます。

烏梢蛇
ウショウダという蛇の内臓を除いたものを乾燥させて生薬としたものです。抗炎症作用、鎮痛作用、抗蛇毒作用があり、大活絡丹に用いられます。

松節
マツの枝や幹の節を生薬としたものです。鎮痛作用、抗酸化作用、交感神経抑制作用があり、松康泉

 

袪風湿薬

前歯に一日で白い綺麗な歯を入れることが出来ますか

67歳の女性です。今迄幾つもの歯科医院で虫歯の治療をしてきましたが、私のわがままもありいずれも最後までの治療にならず、今ほとんどの歯が虫歯です。上の前歯も殆どありません。このままでは歯だけでなく全身の健康に悪いと知り、信頼出来る医院を探し貴院を見つけました。全体の歯の治療は勿論ですが、私の希望は前歯の見た目を先ず綺麗にしたいと思っています。
そこで質問します。審美歯科では、一日で白い綺麗な歯を入れることが出来る等とありますが、貴院でもそういった治療は可能ですか。又費用はどの位かかるものでしょうか。 なるべく診察回数を少なくするために、一回の診察時間を考慮して頂いたりは出来るでしょうか。
このように書いても、実際に見ないとわからないと思いますがどういった事は可能なのか等、先生のお考えを聞かせていただければ幸いです。

回答
ほとんどの歯が虫歯ということであればそれぞれの虫歯に対する治療の他、全体的な歯並びや噛み合わせの改善も必要でしょう。治療の回数や治療費の目安については、個々の歯の状態や全体的な状況によって大きく異なるため、このメールでお答えすることは不可能です。
仮に治療が大掛かりになることが予想される場合は、1回の治療時間を長めに取ることにより、治療回数を少なくすることが可能です。また前歯については、虫歯を削ってレジンという白い詰め物で治療すれば1日で元の白い綺麗な歯に戻すことができます。
根管治療中に歯科医院を移ることについては、特に問題はありません。

TAO東洋医学研究会

3月の研究会はコロナウイルスの影響で出席者が減りましたが、何とか開催されました。午前中は邵輝先生の袪風湿薬、午後は小林宏先生の竜骨牡蛎剤でした。WHOのウイルス感染症の委員を務めた邵輝先生の講義は本題よりもコロナウイルスの内容に多くの時間が割かれました。

漢方薬の飲み比べは二朮湯と疎経活血湯でした。二朮湯に含まれる威霊仙、疎経活血湯に含まれる防已、威霊仙は袪風湿薬です。

TAO

ミゾホウズキ

金剛山の千早本道で咲いていました。花の背後に長い花筒が見えますが、花が咲いた後にこの部分にホウズキに似た実が付きます。

パン作り

月曜日担当の辰巳先生は、お休みの日パン作りにはまっています。