ひぐち歯科クリニック メディア掲載歴

WEB予約

無痛治療 阪急茨木市駅前 ひぐち歯科クリニック

 

HOME >  メディア掲載歴  > メディア掲載歴

メディア掲載歴

テレビ・新聞に出演・解説しました!

  • 2016年6月12日

    「日本経済新聞」で当院長が「噛みしめ呑気症」に関してコメントしました!

  • 2015年12月1日

    朝日放送TV「みんなの家庭の医学」に症例写真を提供しました!

  • 2014年11月21日

    讀賣TV「かんさい情報ネットten.」に当院長が出演しました!

  • 2009年11月2日

    朝日放送TV「おはよう朝日です」に当院長が出演しました!

  • 2008年10月29日付

    「東京スポーツ新聞」で当院長が「歯科治療の疑問」に関する解説を行いました!

  • 2008年8月21日付

    「東京スポーツ新聞」で当院長がドライマウスに関する解説を行いました!

  • 2008年5月、6月、8月

    フジTV系報道番組「ハピふる!」に当院長が度々生出演しました!

メディア掲載歴

再度 朝日放送TV「ハピふる! 6月12日放送」 院長生出演

2008年6月12日放送のフジテレビ「ハピふる!」に当院長が生出演しました。同番組「こちらハピふる!婦人科」のコーナーで30代の女性からの歯茎の悩みに関する質問に対し電話で回答しました。

フジテレビ ハピふる! ホームページより転載


歯茎ににきび
30代 「ちるっと」さん
歯茎にニキビのようなできものが出来てしまいました。痛みはないのですが、これは一体何でしょうか?


回答:ひぐち歯科クリニック 院長 樋口均也 先生


Q:これはどういった症状なんですか? フィステル 症例写真

この歯茎のニキビの正体は【フィステル】と呼ばれるものではないかと思われます。
【フィステル】を説明する前に、その原因となる【歯根 嚢胞】(しこんのうほう)
についてお話します。【歯根嚢胞】とは、細菌が歯の根元まで達し歯茎が炎症を起こし、
根の先に膿が溜まり形成された袋のことです。
その膿が歯茎の表面から漏れて【フィステル】というできものをつくります。
つまり歯茎のニキビの正体は膿が溜まったできものというわけです。


Q:何が原因でこのような症状が起きるのですか?


フィステル 模式図

一番の原因が虫歯の放置です。
虫歯が放置するとどんどん細菌が根元に入り症状を悪化させます。
また歯の治療をした後、数年経過して、治 療の跡から細菌が入り込み
【歯根嚢胞】を形成する場合もあります。
【痛みがない】と言う通り、細菌によって歯にある神経が死んでしまうために、
通常は痛み を伴いません。
しかし一度、発症してしまうと放っておいても治る事はなく、
ニキビのように「破れては膿を出す」を繰り返してしまいます。
さらに悪化すると歯根嚢胞が肥大し周りの歯並びに影響を与える場合もあります。


 
Q:どういった治療法がありますか?


抗生物質で炎症を抑える事はできますがやはり歯の根元の治療が第一優先となります。具体的には細菌感染した神経を取り除き、根元に消毒 薬を詰め込みます。細菌を除去したら根元の隙間を埋め虫歯菌が入らないようにします。治療が順調にいけば、フィステルは1~2週間で消えてなくなります。 この治療法によってほとんどの場合は完治しますが、治らない場合は細菌の棲家である歯の根元、病巣自体を手術で取り除きます。局所麻酔で入院の必要もな く、費用も保険が適応されますので1万円以下ですみます。


「痛くないから大丈夫だろう…」と言わずに近くの歯医者さんに診てもらうようにしましょう。


>> フジテレビ ハピふる! ホームページはこちらをクリック

 

ご予約・お問い合わせはこちら ※急患も受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

※メールソフトからお問い合わせの方はこちら『higuchi@web-know.com