ひぐち歯科クリニック よくある質問

WEB予約

無痛治療 阪急茨木市駅前 ひぐち歯科クリニック

 

HOME > 診療について > 虫歯治療Q&A

よくある質問

  • 掲載のないご質問はお気軽にご連絡ください

    本ページのよくある質問に掲載のないご質問は質問コーナーよりお気軽にお問い合わせください。

神経を抜いた後は金属のかぶせものが一番良いのか

突然失礼します。相談にのっていただきたくメールさせていただきました神経がひどく虫歯になっていたということで、神経を抜かれました。その穴に薬を2回詰め、かぶせる前の段階です。かぶせものを金属にするか、保険適用の白にするか選択をせまられています。そこで質問です。かぶせるにあたり、・神経がないため、虫歯になってもきづきにくい。・金属のかぶせものは強いのでおすすめする。・白の保険適用のかぶせものは割れる場合もある。・部分的につめたら、歯がもろくなりやすく、早く抜けることがあるかもしれない。・白のかぶせものをして割れてしまったら、また歯をけずってかぶせるので、最初から金属をつめたほうがよい。知人からは、・金属のつめものは体によくない。・部分的につめるほうがよい。など聞きますが、今は、歯をかぶせる前提で歯の土台を作るといわれ、周りを少し削られたようです。このような状態ですが、やはり金属のかぶせものが一番良いのでしょうか。笑うと銀歯がみえる位置です(犬歯の奥)。最新の治療法はよくわかりませんのでできれば、ご回答よろしくお願いいたします。

神経の治療をされているということですが、神経を抜いた歯は健康な歯よりも弱く、割れやすくなります。そんな歯に部分的な詰め物をすると、噛む力がかかったとき詰めた材料がくさびのようになって歯が割れる方へと力がかかります。そんなとき、歯全体を覆うかぶせ物が割れるのを防いでくれるという効果があります。
歯が割れると早期の抜歯を余儀なくされるため、神経を抜いた歯はかぶせ物をするのが一般的です。但し、あまり噛む力がかからない歯の場合は部分的な詰め物による対応が可能ですが、それはご自身の歯並びや噛み方の癖などによります。
強度では金属製が一番です。白い材料は、強い力がかかると陶器のようにパリンと割れてしまうケースがありますが、一般的に犬歯の奥の歯では噛む力が強くかかることはないので、陶器のような材料でも長持ちする可能性はあります。但し、歯ぎしりをされる場合や噛みしめる力が強い場合は金属の方が安全です。

 

ご予約・お問い合わせはこちら ※急患も受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

※メールソフトからお問い合わせの方はこちら『higuchi@web-know.com