Menu

虫歯は全て削り取る必要があるのか

Home

HOME > 痛くない治療 > 虫歯は全て削り取る必要があるのか

虫歯は全て削り取る必要があるのか

虫歯は全て削り取る必要があるのか 1

虫歯を治療する際には、虫歯になった部分の全てを残さず削り取ることが原則です。2009年、虫歯治療の専門学会である日本歯科保存学会が作成した「う蝕治療のガイドライン」においても、う蝕象牙質は基本的にしっかり除去することが決められています。実際の治療では、カリエスチェッカーという検査液に反応して赤く色が染まった部分が虫歯ということになりますが、この赤い部分を残さないように注意して削ることが重要です。

上記の通り、虫歯は取り残さないことが大原則ですが、進行して神経の近くまで達している虫歯の場合は話が別です。このようなケースでは虫歯を徹底的に削ると歯の神経がある部分、即ち歯髄腔までを削ることになり、神経を抜かざるを得ないという事態に陥ります。しかし、神経を抜いてしまうと歯の強度が低下し、虫歯や歯周病に罹患しやすくなってしまうため、必ずしも虫歯を全て削り取る方法がベストであるとは言えません。つまり、ケース・バイ・ケースなのです。

  • 代替画像

    神経の近くまで達している虫歯

ご予約・お問い合わせはこちら ※急患も受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

※メールソフトからお問い合わせの方はこちら『higuchi@web-know.com