Menu

よくある質問

Home

よくある質問

掲載のないご質問はお気軽にご連絡ください

本ページのよくある質問に掲載のないご質問は質問コーナーよりお気軽にお問い合わせください。

舌痛症の症状を感じだしてから1年以上たっています

舌痛症です。症状を感じだしてから1年以上たっています。今までに、町の歯医者、内科、大学病院の口腔外科、舌痛症に詳しいとHPに書いてあった歯科、あちこちを周り、検査やレーザー治療・うがい薬・漢方薬・デパス服用・など様々なことを試しました。少し前からはパキシルを服用し始めましたが、副作用のせいか?体調を崩し仕事も休むことになってしまい服用をやめることにしました。
この他に治療法がありますか?原因もわからず、いつ完治するかわからない病気だと説明は受けましたが、毎日がとても辛いです。お忙しいところおそれいりますが、なにとぞご返答よろしくお願いいたします。

舌の痛みの原因には、舌粘膜が荒れて痛む場合と粘膜に全く異常が見られない舌痛症があります。粘膜が荒れる理由には口内炎、ビタミン不足、亜鉛不足、貧血、カンジダ症、放射線治療や抗がん剤によるものがあります。
一方、舌痛症に対する治療法は抗うつ薬などによる薬物療法が中心となります。パキシルは選択的セロトニン再吸収阻害剤(SSRI)という種類の抗うつ薬で、神経過敏や不安感などの副作用が生じる場合がありますが、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)や三環系抗うつ薬であれば継続して服用できるかもしれません。
抗うつ薬以外にも抗けいれん薬や麻薬系鎮痛薬など、舌痛症に効果的な薬はあります。漢方薬も試されたようですが、漢方薬は100種類以上に及ぶため、まだ試していない漢方薬の中に合うものが見つかるかもしれません。担当の先生とよく相談されることをお勧めします。

 

ご予約・お問い合わせはこちら ※急患も受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

※メールソフトからお問い合わせの方はこちら『higuchi@web-know.com